So-net無料ブログ作成
検索選択

中国人にはわからない日本人の中国語の感覚 [中国語学習]

中国語教室や中国語関係のブログやホームページをよく見ます。皆さん日本語もうまいし、いい内容の記事を書かれますね。
しかし、中国人は日本人の中国語のここがわからないがわからないような気がします。
「li」と「ri」の発音は日本人には難しい発音の一つです。
日本人にしてみると「り」は「り」じゃないかと思うかもしれません。しかし、「li」も「ri」も「り」ではありません。
「li」は日本語の「り」に似ている音だということができます。
「ri」は日本語の「り」とはまったく違う音です。「r」なので「り」と思ってしまうだけです。そして、日本語の中にはない音です。何度発音だけ聞いてもわからないものですね。

ある中国人が私の「ting」を聞いて「jing」に聞こえると言っていました。
私にすると「ティン」と「ジン」じゃ相当違うので、そんなことはないと思うのですが
谷村新司さんの「昴(星)」の詞を見たときにそれがわかりました。
风之语轻轻听
fēngzhīyǔqīngqīngtīng

私はこの詞を見るまでずっと「qing qing jing」だと思っていました。谷村新司さんには申し訳ないのですが、私には「jing」と聞こえていました。
何がいけないのかというと私が「ting」を発音するときに有気音でなく無気音で発音しているために、中国人には「jing」と聞こえるようです。
私には「ティン」と「ジン」はずいぶん違うような気がするのですが、間違うところをみると中国人の指摘が正しいのですね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。