So-net無料ブログ作成
検索選択

中国語に濁音はあるのか? [中国語学習]

中国語に濁音はない、といいます。みなさんはどう思いますか?
「中国語」の定義、「濁音」の定義も実ははっきりしません。
中国語には濁音はないと言っていいと思います。しかし、日本人が聞くと濁音のように聞こえるものがあります。
もともと、中国語をカタカナで表記することに無理があります。
以前も書きましたが日本語は基本的に無気音しかありません。日本人にとって「pu」は中国人の「pu」とは違います。
中国語の「da」(無気音)と「ta」(有気音)をカタカナで表すことができません。

中国語には濁音がないというよりも、濁音という概念がありません。日本語だと「か」と「が」は意味が違います。「蚊」と「蛾」です。だいぶ違いますね。
中国語には音によるその区別がないのです。

日本人は中国語の発音をピンインで習得しますが、ピンインには有気音と無気音の区別があります。その無気音を濁音と勘違いしている人が多いということです。
無気音は濁音ではありません。

中国人の発音する無気音が濁音に聞えても、その濁音は日本語の濁音とは全く違います。

また無気音を濁音として発音すると簡単に習得できますが、正しい発音かどうかとなるとあやしいのです。

今の私の先生が今天をいうと、私の耳には「ジンティエン」と聞こえます。他の人がいうと「チンティエン」と聞こえます。
カタカナで書くことが無意味なのですが、どちらも「jin tian」なのです。「jin」は無気音ということなのです。濁音を表してはいないのです。

中国語には濁音がない。
日本人の耳には濁音のように聞こえる。
中国語は静音と濁音を区別していない。




驚き!!の見た目年齢 高純度プラセンタサプリ 累計42万個突破!


ヒアルロン酸の針で目周りの小じわ対策/『ヒアロディープパッチ』


タグ:中国語 濁音
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。